日本人の食生活を知る

がんや生活習慣病を予防するお茶

日本人の食生活を知る お茶にはカフェインが入っているから、あまりたくさん飲んではいけないと言う人がいます。しかし、お茶に入っているのはカフェインだけではありません。カテキンと言う素晴らしい成分が入っています。カテキンは強力な抗酸化作用を有しており、がんの発生を抑制すると言うありがたいパワーがあります。有名なお茶の産地では、1日に10杯以上お茶を飲むことが珍しくありません。1日10杯以上飲んでいる人は、胃がんによる死亡率が明らかに低いと言うことが分かっています。しかし、お茶の素晴らしさはがんのリスクを低くすると言うことだけではありません。

お茶にはコレステロールを低下させる作用も認められており、生活習慣病の予防にも役立ってくれます。さらに、お茶の抗酸化作用は、心血管障害の防止にも貢献していることが分かっています。1日に3杯以上お茶を飲むと、心筋梗塞のリスクが10パーセント程度軽減すると言うことが研究によって明らかになりました。最近はミネラルウォーターに注目が集まっていますが、お茶の方がはるかに身体に良い効果をもたらしてくれます。しかし、いくらお茶が素晴らしい飲み物と言っても、流石に薬はお茶で飲んではいけません。

オススメワード

Copyright (C)2019日本人の食生活を知る.All rights reserved.